Category

ギャンブル

Category

日本のギャンブル法ではギャンブルを金銭で禁止しているが、チップを商品と交換し、後で商品を金銭で販売することは可能であることを知っておくことは重要である。日本のギャンブル法におけるこのような簡単な抜け穴は、日本がギャンブルに完全に反対しているわけではなく、時には景気を後押しする機会と見なしていることを示しています。新しいカジノビルにより、日本はその成長戦略のために日本の新しい合法カジノを楽しみにしています。法案によると、構造化されたカジノの計画は、3つの新しいリゾートのために実装されます。これらのリゾートは、統合リゾート(IR)と呼ばれ、カジノ、ショッピングモール、劇場、ホテル、テーマパークなど、これらのリゾートが提供する包括的なエンターテイメントを指します。この状況をよりよく理解するために、日本のギャンブルのシーンを見てみましょう。

日本でギャンブルが違法であった後でも、厚生省の調査によると、2017年のレポートには320万人のギャンブル依存者がいると推定されています。ランダムに選ばれた10,000人の市民へのインタビューで、46.9%が有効な回答を提供し、3.6%が現在ギャンブルにハマっていること、または以前ハマっていたことに同意しました。オランダでは1.9%、フランスでは1.2%、スイスでは1.1であるのに対し、これらの統計はまったく別の話をしています。

ギャンブルエンターテイメント

これらの考えの背後にある理由は、日本の法律ではギャンブルよりも娯楽の一形態として分類されるパチンコ機への巨大な執着である可能性があります。日本には巨大な市場があり、機械は日本の路上の小売店の裏にあります。毎年何兆円もの日本円を生み出しています。この問題は、新しいカジノを開くことが日本のギャンブル依存症をさらに深めるだろうという懸念を引き起こします。

側の政府は日本の観光の収入を後押しするカジノを催している間制御された賭けることができると信じていた。彼らは、合法化以来ギャンブルの割合が減少しているシンガポールを例に挙げています。 2005年の4.1%から、2017年のギャンブラーの数はわずか0.9%でした。これは、ギャンブルを完全に禁止するのではなく、アニギャンブル対策を強化するために当局が取った数多くの措置によるものです。日本政府は、安倍晋三首相のもとで、カジノが中毒を制御するために世界最高水準で運営できると信じています。

カジノビルによると、カジノへの訪問は週に最大3回、月に10回の訪問に制限されます。日本にお住まいのお客様は、カジノに入場するための身分証明書が必要になります。また、入場料として6000円を支払う必要があります。しかし、これらの規制がどれだけうまくギャンブルを管理できるかについては、まだ議論の余地があります。それを効果的な法案と見なしている人もいれば、そのような規則は強迫的なギャンブラーに影響を及ぼさないと言っている人もいます。 2020年には、3つのIR施設とともに、新しいポーカートーナメントが日本で開催されます。日本のギャンブルシーンがどのように発展していくのか、私たちは待ちに待っています。